読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アノ映画日和

年間500本以上鑑賞、あらゆるジャンルの映画をイラスト付きで紹介

「ガーディアンズオブギャラクシー」 感想

映画レビュー 洋画
 

映画を楽しむコツとしてハードルを上げすぎないってのは絶対ある。
本来楽しめたはずのものが周りから面白いとの評判を聞きすぎていざ観てみると、
あれ?期待してたほどじゃないな...なんてことはしょっちゅう。
でも大作ともなると前評判を聞かずに鑑賞など至難の技
今作などはGotG最高!面白い!3回観ました!などハードルがもう12mぐらいの高さになってしまいこりゃ観るときは下くぐった方がいいなって状況でした。
しかし!そんなハードルなどものともしない跳躍力を持った作品。
それがGotG!!!

2014/アメリカ
監督:ジェームズガン
出演:クリスプラット、ゾーイサルダナ、デビッドバウティスタ、ブラッドリークーパー、ヴィンディーゼル、マイケルルーカー、ほか
上映時間:122分

f:id:hagane-mk:20160510150745j:image

98点

 ざっくりあらすじ

幼くして宇宙人に拐われた少年ピータークイル
彼は大人になり宇宙を股にかけるトレジャーハンター「スターロード」と呼ばれる存在になった。
銀河の宝「オーブ」を盗むことに成功するがそれは同時に悪党の標的となることも意味していた。
オーブとは何なのか?オーブをきっかけに出会い行動を共にすることとなるロクでもない奇妙なパーティ。
しかしそのロクでなし達に銀河の未来がたくされる事となる。

ウガシャカウガウガ ウガシャカウガウガ
登場人物(キャラクター)が好きかどうかって、その映画が好きかどうかってことに近い。
好きな映画を思い浮かべてみて下さい。
その映画のキャラクターが大好きじゃないですか?
BTTFのマーティーやドク、ショーシャンクのアンディやレッド、ね?好きでしょ?
で、この作品GotG。スターロード、ロケット、グルート、ドラッグス、ガモーラ...もう好きすぎるキャラクターが目白押しです。
スターロードなんて好き過ぎてクリスプラットにはもうスターロード以外の役をやらないで欲しい。
渥美清の寅さんみたいになって下さいと手紙を送りたいくらいです。
少なくともウォンテッドのキーボードでしばかれるような役はやらないで欲しいものです。

そんな好き過ぎるキャラクターたちですが、何が好きって1人残らず全員がどっかあかんとこでしょう。
自由奔放なお調子者に短期なアライグマ、何考えてんのかわかんない木などなど
他のマーベルヒーローたちみたいにストレートにカッコ良くない。
カッコ悪いがカッコ良い!みたいなとこがたまらなく好きですね。
だから僕はこの映画の何が好き?って聞かれたら、ストーリー、映像、音楽全て好きだけど、
まず好きなやつらばっか出てくんだよ!って答えます。
キャラクターの魅力こそがこの映画の魅力だと断言できます。
f:id:hagane-mk:20160531151709j:image

チェチェチェチェチェチェチェチェチェリーボーム!
次にストーリーについてですが、これがまたいい感じにいい加減に進みます。
銀河の平和を守らねば!みたいな正義感むき出しで悪に立ち向かう話しじゃありません。
全員が己の目的や欲を求めた結果、なんか仲間になって気づいたら俺らが銀河守らなしゃあないんじゃね?ていういわゆる巻き込まれちゃったヒーローです。
なんかこの辺りはドラえもんの映画と良く似たとこがありますね。
1人ひとりは大したやつらじゃないけど根っこには熱いもの持ってて今やれんのが俺たちしかいねえんだからやるしかねえだろ!ダメかもしんないけどみんなで力合わせりゃきっとなんとかなるよ!ってほら武田鉄矢の曲かスキマスイッチのボクノートが聴こえてきそうですね。

さすがに原作がコミックなので起承転結がわかりやすく子供っぽいと言われれば否定できません。
でもそれでいいんです。
こんなとき大人も楽しめる作品という表現はあまり好きではないです。
楽しんでいるのは大人の自分ではなく大人の自分の中の子供の部分だから。
終盤、決戦の地に向かう彼らが宇宙船の廊下で1人ずつ集結していく場面
あそこなんかは子供の自分がウヒョーカッコイヒイィィイ!!!と言ってますから。
大人ぶった評論なんかクソくらえでございます。


f:id:hagane-mk:20160814004624j:image

 

oh!ベイビギブミワンモチャ~ンス
映像と音楽についてもふれずにはおけません
この映画を最初に観たときにマーベルブランドのイカした最新映像に70’s、80’sのオールディーズナンバーがなんとも見事にマッチしてるなぁ
まるで一流ブランドと古着を組み合わせた様なカッコ良さだなと感じました。
きっと辛口のピーコも凄いセンスを感じさせるコーデねとおすぎに言ったでしょう。

全曲カッコイイんですがウガシャカが1番皆さんの印象に残っているようですね。
あれはレザボアドッグスの印象が強いので僕にはイマイチです。
個人的に1番アガッたのはラストのジャクソン5!I Want You Back!
あの軽快なポップスが映画のラストを締めてくれてワクワクするのにああ終わっちゃったという悲しさを表してますね。
映画史上に残るエンディングソングですね。
とにかく各シーン各シーンよくぞこの曲を持ってきたと賛辞を贈りたくなります
きっと小林克己も膝を叩きナイス選曲!と叫んだことでしょう。

まぁ乱雑に支離滅裂にGotGを紹介しましたが、
いかに僕がこの作品が好きかということだけでも伝われば嬉しいです。
みなさんも同じようにこの大傑作を好きでいてくれればもっと嬉しいです
うんうんわかるわかるよと共感してくれればもっともっと嬉しいので共感しやがれこの野郎でございます。
そしてファンには嬉しいことにパート2も公開されることが決定しています。
次はどんなキャストでどんなストーリーで彼らたちに会えるのか今から楽しみでありませんね


f:id:hagane-mk:20160814004327j:image

最後にこの映画を好きな方にお勧め映画を紹介して終わります。

・ハワードザダック
・ギャラクシークエスト
・スーパー!