読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アノ映画日和

年間500本以上鑑賞、あらゆるジャンルの映画をイラスト付きで紹介

2000年代隠れた傑作映画ランキング

映画レビュー ランキング
 

有り難いことに前回の2010年代隠れた傑作映画ランキングがなかなか評判よろしくて、
もう少し古いランキングも見たいとおかわりの声も頂きました。

それで気を良くした僕はさっそくランキングを作ったわけです。
一応ブログを始めて半年記念という名目です。

今回は前回より少しだけ遡り2000年~2009年公開映画の中から選んでみました。

題して

映画好きさんも見逃しがちな、ちょい前の隠れた傑作ランキングBest10!

またタイトルなっが...

どうぞ最後までお付き合い下さい。

f:id:hagane-mk:20161001202614j:image

 

では早速、ランキングの発表です。

   

第10位

ハードキャンディ 

ハードキャンディ デラックス版 [DVD]

ハードキャンディ デラックス版 [DVD]

オオカミが捉えた少女はオオカミより怖い赤ずきんちゃんでしたって作品。
エレンペイジの可愛さと怖さがハンパないです。
もう幼女性犯罪の抑止力としてこの映画を全ロリコン男に見せるべきですね。

「ああ...ガキに金玉をぬかれてる...」

このセリフを僕は一生忘れることはないでしょう。

 

第9位

オカルト 

オカルト [DVD]

オカルト [DVD]

またもやカルト人気の高い白石監督作品がランクインです。
完成度で言えば「ある優しき殺人者の記録」の方が上ですが、
個人的に白石作品の中で1番面白かったのがこれですね。

神の啓示を受けたという男が大量殺人を計画。
その男に密着取材するディレクター兼カメラマン。
2人の事件実行までの過程とその後を見せるPOV作品。

監督ライフワーク作品「コワすぎ!」にも繋がるファン必見の1本。

 

第8位

主人公は僕だった 

主人公は僕だった コレクターズ・エディション [DVD]

主人公は僕だった コレクターズ・エディション [DVD]

単調な生活を繰り返す男の頭に突然女性のナレーションが聞こえ始める。
自分の人生がもし誰かに書かれた物語だったとしたら...
誰もが一度はした事のある妄想を映画化させたのがこの作品。
ワンアイデアだけのインスタントムービーかと思いきや実に真摯に取り組まれた傑作。

その後あのような死を迎えるとはまだ彼は知らなかった....

こんなナレーション聞いちゃったらあなたならどうします?

 

第7位

デッドサイレンス

デッド・サイレンス [Blu-ray]

デッド・サイレンス [Blu-ray]

やたらパッケージに書かれてる
あの「SAW」を手掛けた監督&脚本家タッグが手掛けた...てやつのうちの1本。

死霊館、インシディアスシリーズを思い浮かべる人が多いと思うが、個人的にはこいつが1番。
ホラー映画は登場人物にルールを課した方が面白い。
観てる側により緊張感を持たせるから。
この映画のルールはいたってシンプル
「決して叫ばないこと」
シンプルゆえに恐い、面白い。
巧みすぎるストーリーと緊張感、そして衝撃のラスト...見逃すには勿体なさすぎる。

 

第6位

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル 

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [DVD]

ライフ・オブ・デビッド・ゲイル [DVD]

ケヴィンスペイシーとケイトウィンスレット主演だからなぁ...これはメジャーかな?

死刑廃止論者の大学教授デビッドゲイルが、同僚のレイプ殺人の容疑で逮捕され死刑宣告を受ける。
女性新聞記者ビッツィーは死刑までの猶予期間に事件を記事にし始める。
が、事件を調べるうちにビッツィーは事件そのものを疑いはじめる...

死刑制度の是非という重いテーマの映画だが、彼は有罪なのか?冤罪なのか?というサスペンススタイルで描かれているので自然と物語に惹きつけられる。

こういうのを優良社会派映画っていうんじゃね?知らんけど。

 

第5位

チェイサー

チェイサー [DVD]

チェイサー [DVD]

娼婦を監禁しては殺す殺人鬼と娼婦を束ねるオーナーの追いかけあい、殺し合い。
韓国映画ならではの湿ったようなカビたような映像がもたらす不衛生感がたまらない。
救いのないストーリー展開とオチが得意な韓国映画の中でもトップクラス。
韓国映画好きがお勧めを聞かれたら必ずあげるであろうこの作品。
僕も強烈プッシュさせて頂きます。

ところで、ディカプリオ主演でハリウッドリメイク決定て話しはどこいったん?

 

第4位

空気人形 

空気人形 [DVD]

空気人形 [DVD]

「私は心を持ってしまいました」

自我を持ったラブドールの恋のお話。

「私は性欲処理の代用品」

「人形は燃えないゴミ、人間は燃えるゴミ」

いちいちセリフが切ねぇんだよ!

直接的なエロ描写は少ないが
純一(井浦新)が空気人形(ペ・ドゥナ)に空気を吹き込むシーンがなんともエロい!

 


さて、いよいよTOP3の発表ですが、またその前に惜しくも圏外となってしまった作品をいくつか紹介します。

・13F
バーチャルリアリティの世界と現実の世界の交錯を描いたSF映画。
どちらかと言えば地味なSFですが実は制作にローランドエメリッヒが関わってるんですね。
内容はどっかで調べてもらうとして、映像美(特にラスト)は
SF好きなら観ときなさいよね!

とツンデレ発言をしたくなります。

・1408号室
スティーブンキング原作映画の中でも珠玉の1本。
投稿者の実体験をもとに心霊本を執筆してるくせに全く心霊現象を信じていないルポライター。
彼のもとに1枚の葉書が届く。
「ドルフィンホテルの1408号室には絶対入るな」
ま、当然行っちゃう訳ですが、そこで起こる事件が...もう...ねぇ。

・デス・プルーフ in グラインドハウス
タラちゃんの映画なんで完全にメジャーなんですが、意外とタラファンでも見逃しがち。
これは緩急の付け方が異常。
時速90キロの緩~い球をずっと投げて、急に160キロを投げて来る。
こんなの絶対打てませんて!
その160キロがシ・ビ・レ・マ・ス!

・ハイテンション
4大フレンチホラーの1角を担う作品。
ホラー映画としても秀逸だが百合百合映画としてもお勧めしたい。

・フローズンタイム
時間を止められる男の話。
時間を止めれる男が何をしたいって、そりゃ女性を脱がせて、それから、

え?絵を描き始めちゃったよ?うそん

はい、エロ映画ではなく純愛映画です。

他にも多数ありますがこの辺にしときましょう。

 

では、TOP3の発表です。

 

第3位

フロンティア

フロンティア [DVD]

フロンティア [DVD]

いやぁ...やっぱフレンチホラー凄えわ。
まともな神経じゃ視覚的にも精神的にもやられるわ。
これは特に映像が凄い。
もちろんその映像を繋げるストーリーもしっかりしてるしセンス良すぎ!
あと主人公の叫びの音量とタイミングがもう素晴らしすぎて

うわぁ...うわぁ...

 

第2位

運命じゃない人

運命じゃない人 [DVD]

運命じゃない人 [DVD]

今、僕が最も信頼してる邦画監督の1人、内田けんじ作品。
自分が撮る映画は自分で脚本を書きます。
撮りたい脚本が出来たから映画を撮りますスタンス。
「鍵泥棒のメソッド」の監督さんですって言えばわかって貰えるでしょうか。

この監督の撮る作品に外れなし!
今のところ打率10割監督です(あくまで個人の感想です)

とにかく演出が素晴らしすぎる(内容はどこかで調べて下さい)
時系列をずらしてバラバラに見えたストーリーを意外なところで繋げるみたいな話は沢山ありますが、無理やり繋げた感のある作品が多すぎません?

これはすべて計算しつくされた必然によって繋がっています。
もう大好きです。
監督、お願いだからもっとハイペースで映画を撮って下さい!

 

 

そして栄光の第1位は


ぽんぽこぽーーん!

 

 

第1位

屋敷女

屋敷女 アンレイテッド版 [DVD]

屋敷女 アンレイテッド版 [DVD]

ひゃーー恐ええええ!!!

いわゆる人間恐い系映画の頂。
最初にレンタル鑑賞した時はおしっこをチビリそうになりましたが
購入して鑑賞した時はおしっこをチビリました。
じょわ~~

だってレンタルではモザイクだったあのシーンが無修正だったんだもの!

僕はいつもホラー映画には辛い料理の唐辛子マークみたいに怖さレベルを表示するべきだと思ってます。
あ、これ2ドクロか、じゃあ大丈夫か...てな感じで、ホラー苦手な人と得意な人の目安にして貰うんです。

もうこの作品はMAX5☠☠☠☠☠

ホラー耐性のない人が見たら失神間違いなし!
とにかくベアトリス・ダルが恐すぎんだよ!
絶対、妊婦さんは観ないでね!

 

ということで

映画好きさんも見逃しがちな ちょい前の隠れた傑作ランキングBest10!
いかがでしたでしょうか?

前回ホラー率が高かったので、今回は抑え目にしようと思ってましたが、
結局ホラー多めになってしまいましたね。

だってホラーが好きなんですから仕方ないですよ。
次回ランキングやるときは、
「隠れた傑作タイムリープ映画」とか「隠れた傑作SF映画」とか
もう少し縛りを強くしますね。
それか開き直って「隠れた傑作ホラー映画」にするか。
 
なんにせよ、またランキングが出来るくらいこのブログに記念回が出来ればいいなと思ってます。
次は読者様200名かブックマーク100突破記念とかがいいなぁ...チラ
 
これからも僕のブログがあなたの映画選びの参考になるよう頑張るつもりです。
今後とも「アノ映画日和」のご愛読と応援をよろしくお願いします。