アノ映画日和

年間500本以上鑑賞、あらゆるジャンルの映画をイラスト付きで紹介

映画レビュー

プレミア映画を追え!あなたの知らない廃盤DVD、Blu-rayの世界

僕は映画を観るのも好きですが、映画を集めるのも好きです。好きな映画を所有すると、なんだかその映画と自分の距離が近づけた様な気がします。自分の部屋の映画棚を見ては、 ああ…こいつらが自分の部屋にいるなんて… とウットリする気持ちの悪い奴です。で…

「ヘレディタリー/継承」感想 怖!怖!怖!映画史上最も恐ろしいは嘘じゃない!

ホラー映画を最も楽しむコツは怖がる事です。当たり前ですが、ホラー映画は怖がらせる為に創られた映画だからです。しかしホラー映画好きほど、ホラー耐性がついてしまい、怖がるというよりは楽しむという好きに変わってしまっています。 ホラー映画好きほど…

Netflixでしか観れない傑作Netflixオリジナル映画ランキング2018下

Netflixオリジナル映画が面白い!Netflixオリジナル映画を観よう!を合言葉に半期に1度お送りする当ブログのNetflix企画のお時間です。 Netflixオリジナル映画が面白いとは聞くけれど、沢山あるからどれを観ていいのかわからない。ツマラナイ映画で2時間損し…

「アベンジャーズ・インフィニティウォー」感想 アベンジャーズが嫌いな人ほど観て欲しい7つの理由

アベンジャーズが嫌いな人はいるか? 多くの人に愛される作品だが、万人に愛される作品なんて存在しない。誰かがどこかで嫌いだと言っているでしょう。ではもう少し枠を広げて MARVELが嫌いな人はいるか? それも当然います。そもそもヒーローものが嫌いな人…

「クワイエット・プレイス」感想 大声で文句を叫びたい!ツッコミどころ満載のホラー

まずお断りしておきたい事が2つあります。 1つ 今回はタイトルで分かる通り酷評です。この映画が好きな方、好きな映画を酷評されると腹が立つという方は読まない方が良いです。 1つ 酷評するにあたりネタバレ不可避です。未見者でネタバレNGの方は読まない方…

隠れた傑作 モンスターパニック映画ランキング

どうも記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。今回の記念は祝!200記事記念です。 パチパチパチパチ で、どんな記念ランキングにするかを考えたのですが最近なんとなくモンスター映画がまた活発になってますよね。ランペイジ、MEGザ・モン…

「ちはやふる 結び」感想 そんなに言っても委員会、ファンを恐れず好き勝手に書く

「上の句」「下の句」間に「繋ぐ」を挟み、遂に「結び」で完結。「上の句」では号泣させられ「下の句」ではガッカリさせられた。 それぞれの過去記事がこちら このように上下 好き勝手に書いたのだから、僕には完結編である結びを書く義務がある。と、勝手に…

「さんかく」感想 小野恵令奈の復帰を願う者として

えれぴょんこと小野恵令奈が引退してからどれくらい経つでしょうか2014年7月の事だったから、もう4年です。その間、今はキャバ嬢をやってるだの、今度AVデビューするだの、噂が絶えないえれぴょん。デマだと分かっていても みんなその噂に一喜一憂してしまい…

「カメラを止めるな!」感想 ポンでもない映画を観てしまった!

まだこの映画が大ヒットする遥か前、「ケンとカズ」の小路監督が自身の作品を差し置いて、この映画を大プッシュしていた。これは観なければ…と思うものの、上映している劇場が全くない。どうしようと悩む中、鑑賞者の口コミや著名人の推薦により映画は異例の…

隠れた傑作 Jホラー 日本の怖い映画ランキング

記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。今回の記念は読者様登録800名記念。 パチパチパチパチ いつもご愛読頂いてる皆様、有難うございます。 て、ついこないだ700名記念のランキングしたばっかじゃないか!読者様が増えるスピードに記事…

「ハイテンション」感想 最強に怖いホラー映画を可愛く紹介してみる

最近は何か罪を犯すとその犯罪者はSNSやら何やら晒されてしまいます。コメンテーター達はその内容を取り上げ犯罪との関係をあーだこーだ話し合います。 もし僕が犯罪を犯そうものなら、 「容疑者は自らをアノマリー(異常)と名乗っておりホラー映画を好んで…

ジブリ女子 ヒロイン 性格美人ランキング

夏はジブリ! テレビが言ってた。意味はわからんがそういうことらしい。それで書いたのがこちらの記事 おかげ様で大勢の方に読んで貰え、コメントも沢山頂いた。その中で 「女性版も書いて欲しい!」 という声が目立った。予定としてはジブリ第2弾は「好きな…

「羊の木」感想 人間を殺す人、殺さない人、それぞれの事情

知ってますか?1年間に最も多く人間を殺す生物が何か? 1番は蚊です。マラリアなどの病原体を運び感染させて殺します。 では2番目に多く殺す生物は? はい、人間です。 その数、約58万人/年これは戦争や死刑などを抜いた数字です。もちろん発覚していない殺…

「不機嫌な赤いバラ」感想 ニコラスケイジの隠れた大傑作、見逃してませんか?

ニコラスケイジと言えばひと昔前は映画選びに厳しい俳優として知られていました。 僕はそんな彼が大好きでした。 ところが昨今の彼と言えば、来るオファーは断らないのか?というぐらい あっちにもこっちにも出演。レンタル店では毎月何かしらの彼の出演作が…

隠れた傑作 胸糞悪い映画ランキング

記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。 今回の記念は読者様登録700名記念。 パチパチパチパチ いつもご愛読頂いてる皆さま本当に有難うございます。 そんな皆様に何か面白いランキングでお返しがしたい。それにはどんなランキングが最適…

ジブリ男子 性格イケメンランキング

「ジブリ」「イケメン」で検索するとイケメンランキングやら彼氏にしたいジブリ男子〇選みたいな記事が山のように出て来ます。 しかしそのどれもこれもが ハクハウルアシタカハクハウルアシタカ 呪いの呪文の如くこの3人のことばかり 世の男子は泣いています…

「無垢の祈り」感想 心の弱い方 閲覧禁止。あまりに救いのないその内容を書く

完全実写化 映画の謳い文句として安易に使われる言葉です。でもその言葉に相応しい映画はあまりありません。 「独白するユニバーサル横メルカトル」 日本推理作家協会賞授賞このミス2007第1位を獲得したミステリーホラー小説。それ程優れた作品ながらそのあ…

隠れた傑作 青春映画ランキング

どうも、記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和です。今回の記念は、恥ずかしながら僕の誕生日です。年々歳老いていく事の何がめでたいのか なんて方もいるかもしれないがなんのなんの 年齢なんてただの数字だ!ただの記号だ!心は幾つになっても青春…

「2017年日本アノデミー賞」しがらみも栄誉もなき映画祭 第2回開催

2018年上半期のベストを皆さんが出そうとしてる中、今更ではございますが2017年邦画の話。 2017年は前年の「シンゴジラ」「君の名は。」「この世界の片隅に」など社会現象と言えるような超大作はありませんでした。 でありますが例年なみ、いやそれ以上の傑…

「勝手にふるえてろ」感想 非モテ拗らせ妄想女子に松岡茉優の狂気を見た

映画は下着ではないので男性用、女性用があるわけではない。 でも明らかに女性目線で女性に向けて創られた映画があるのも事実(逆も然り)で、そんな時僕はキーッとなる。女性が羨ましくて仕方がなくなる。 どうしたってその映画の魅力を100%受け取る事が出…

「ザ・グリード」感想 祝20周年! 傑作モンスター映画をフルパワーで紹介してみる

モンスター映画好き同志で話をすると必ず話題にあがる作品 ザ・グリード 今年で20周年を迎えます! パチパチパチ それを記念して北米では4Kリマスター豪華版Blu-rayが発売される。世間は特に大騒ぎしていないがこれは 大大大ニュースである 何故か?それは日…

「グレイテスト・ショーマン」感想 ミュージカル嫌いの僕をも虜にしたその魅力を伝えたい

子供の頃苦手だったものが、大人になって急に食べれるようになる。そういうのありますよね? 僕の場合はあんこと納豆。幼い頃はこれが食べ物だなんて認められないくらい苦手でした。でもいつからか食べれるようになって、今では好物の1つ。 どこかで、美味し…

「ナラタージュ」松本潤と有村架純が怖くて胸がざわざわした話

このブログをよく読んでくれている方はご存知でしょうが、僕は恋愛映画をほとんど観ません。今回も観たい新作ホラー映画をセットで借りる際の数合わせで借りました。 ところが実際鑑賞してみると、期待していたホラー映画よりも怖かった。 そう言うと恋愛映…

Netflixでしか観れない傑作Netflixオリジナル映画ランキング2018上

Netflixが凄い! 配信ランナップも凄いがNetflixオリジナル映画が凄い!それを伝えたくて昨年書いたこちらの記事 おかげ様で今でも検索で毎日多くの方が読みに来てくれています。そう、毎日...これが問題 今読みに来てくれてる方は 「あれ?あの作品入ってな…

多才北野武監督映画全18作を5段階評価してみた

これまで様々な監督を紹介してきた当ブログの全作評価シリーズ。読者様より海外の監督ばかりじゃないかという声があった。確かに...日本映画界にも素晴らしい監督は沢山いるのにこれではいかん。しかし...誰をやれば...多くの人に愛され、認知度も高く、ある…

「レディ・プレイヤー1」感想 スピルバーグはもう映画を撮らなくていい!

映画史上最も偉大な監督は誰だ? 僕は即答する、それは スティーヴン・スピルバーグだ いやいや、あなたが黒澤だ、コッポラだ、ヒッチコックだとか言うのはどうでもいい。全世界、全世代対象で聞いた時に1番たくさん名前があがるのはスピルバーグに違いない…

「ラブ・アゲイン」感想 恋愛映画嫌いの僕がこの映画を激推しする理由

恋愛映画が苦手です。 僕が映画に求めるのは「非日常」映画の中ぐらいは日常を忘れてあり得ない世界に没頭したいのです。そんな僕が恋愛映画を苦手とするのは凄く真っ当な話。恋愛なんて誰もが経験すること。 THE 日常 なんでわざわざ2時間もさいて他人の恋…

「ユリゴコロ」感想 汚らわしくも哀しい悪の華、その運命を考える

殺人や犯罪に関する映画が好きです。 邦画で言うと「冷たい熱帯魚」「凶悪」「怒り」など人間の弱さと残酷さを描いた映画たちです。 今作「ユリゴコロ」 「私のように平気で人を殺す人間は、脳の仕組みがどこか普通と違うのでしょうか」 予告でこのセリフを…

隠れた傑作 韓国映画ランキング

こんにちは or こんばんは記念回はランキングでお馴染みのアノ映画日和でございます。今回の記念は 読者様600名記念 パチパチパチ(セルフ) 有難うございます。2年近くやってると読んでくれる方も増えるもんだなぁ...と感謝の気持ちで一杯です。 さて今回の…

「リメンバー・ミー」感想 ピクサーの帰還、リメンバーミーはここがスゴイ!

近年のピクサーには正直ガッカリさせられる事が多い。ある程度の面白さはあるが、傑作と呼べるものがない。2010年のトイストーリー3を最後に凡作を量産。かろうじて感動、ワクワク出来たのはインサイドヘッドぐらいだろうか。 ピクサー映画=傑作映画 その神…